中途採用は即戦力だけではない

中途採用の募集は欠員補充の穴埋めのケースが多くどこまでできるか、どこまで穴埋めができるかと採用側は考えていることが多いです。最近では優秀な人材を確保する為に長期的に募集している企業も増えてきています。中途採用は前任者の穴埋め、発想力、提案力、コミュニケーション力、指導力、達成力、ビジネスマナー、業務スキル、新たな戦略づくりの人材など求められます。

中途採用者には何ができるか

中途採用する人に求めるものは今までの前職までの経験から何ができるか、中身や技能レベル、努力、発想力、実績といった現実的な評価をされます。前職の仕事内容などの質疑応答からどの位できるかを判断されます。中途採用の応募者は全員不採用となる場合もあります。転職の面接とはこうゆうものです。

未経験者の方に期待すること

未経験の方を募集している企業は応募者に未経験でも期待することは人間性であったりヒューマンスキルであったりします。技術や能力、仕事力は入社後に成長してもらえれば大丈夫という意図があります。面接ではコミュニケーション、受け答えのキャッチボールであったり表情などを見ます。なにより第一印象が大事です。第一印象が良ければ質問内容も前向きな良い変わるでしょう。第一印象は[表情・挨拶・服装]の最低3点は気を付けましょう。

転職面接でも試験

転職の面接だからといって試験がないとは限りません。面接に行ったら筆記試験があり焦ったという方も少なくはありません。社会人になるとテストから遠のいている人はかなり多いです。ハローワークの求人ですと試験の有無が記載してありますが通常の求人広告では試験の有無は記載されません。テストの有無については問合せれば教えてくれる会社もありますが、詳しくは公開されません。テストはあると思い準備だけはしておきましょう。最低でも筆記用具くらいは持参しましょう。