面接官の話を耳と目で聞くこと

面接官が質問している途中や話を最後まで聞かずに途中で挟んだり、聞き漏らして「もう一度言ってもらえますか」などはNG。ちきんと聞いていれば視線も面接担当者のほうに向くはずです。耳だけでなく目でも聞くつもりでいれば間違いありません。

聞き上手もコミニケーション力があると思われます。

質問には誠実に答えていく

応募者の方の本音や素顔を探ろうと面接官は直球な質問だけじゃなく変化した質問も出してきます。

どんな難問でも目的は採用選考のためなんです。面接官の質問の狙いを十分に理解して落ち着いて誠実に答えていくことが大事です。多少変わった質問をされたとしても採用選考に必要なことですかなど非難な回答でするのはダメです。

自分の言葉で話すこと

どこかで聞いたようなまた他の人が言いそうな提携鳥を話す応募者は低評価になります。面接官はうんざりします。

面接の本などを参考にしていると自分の言葉にはなりません。自分だけの具体的な事例や体験談を加えていく必要があります。

自分の言葉として自然に言えること、伝えることがとても大事です。

簡潔な答えに少し足す

質問されたことにずっとしゃべり続けるのはだめです。応募書類に書いた長い職歴も要約して話せばポイントを絞った次の質問がきます。質問にはまず結論で答えるものです。「はい」「いいえ」を先にいましょう。「はい、〇〇〇〇〇です。」と答えること。「はい」「いいえ」だけの単純な回答はだめです。

面接官に感謝と好意をもって接する

とにかく面接官とは初対面です。嫌な人だなと思う相手からは好まれません。面接官に対してこの人はいい人だこの人が面接官で良かったと思いながらがよいです。少なくとも多忙な時間を割いて面接をしてくれていますチャンスを与えてくれている人なんです。最初の挨拶から感謝の気持ちを言葉と行動で表しましょう。

以上が面接で好印象を与える5つです。

緊張して顔がこわばったりぎこちない態度になりがちです。面接に行く前はしっかりと練習をして、この5つのポイントを押さえて面接に臨みましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人のマナー常識513 こんなことも知らないの? (PHP文庫) [ 幸運社 ]
価格:649円(税込、送料無料) (2020/6/8時点)

楽天で購入