眠りに悩みを持つ不眠な方に3つの快眠方法を紹介します。正しい眠り方を参考にして満足な睡眠を手に入れましょう。意外な快眠方法で疲れをためずに眠りましょう。

寝る時の部屋の環境と布団は

睡眠

夏になるとエアコンは体に悪いからつけない。扇風機をつけたままねる。タオルケットだけで寝ている方も多いと思いますが、本当にぐっすり眠れる環境とは?

寝ている環境はどれ?

❶エアコンはつけない + タオルケットで寝る

❷エアコンはつけない + 扇風機をあてて寝る

❸エアコンはつける + 布団で寝る

 

正解は ❸エアコンはつける + 布団で寝る


解 説

昔から言われていることがエアコンは体に悪いから消して、タオルケットをかけて寝るが定番ですが実は逆なのです。

理想の快眠環境はエアコンをつけて寝る方が良いのです。鼻から吸う空気は冷やしてある方がよいです。冷えている空気をすうことにより脳がクールダウンし快眠状態になります。なのでエアコンをつけて寝る方が良いのです。エアコンは一晩中つけっぱなしか、朝冷える地域の方はOFFタイマーで時間調節しましょう。エアコンをつけて寝ると熱中症対策にもなります。

寝る時のエアコン温度設定:24~26℃

寝る時の湿度設定:50~60%

寝る時にエアコンをつけたままだと体は冷えやすくなります。そこで使用する布団は冬用の布団を使用すること。布団で寝ると体は暖かくなり体を冷やすことはありません。頭は冷たく、体は暖かくして寝ることが快眠状態になります。タオルケットを使用したい場合は掛布団の下に挟むと良いです。

扇風機をつけたままで直接風をあびつづけ寝ると体の熱を奪われダルさが残ります。扇風機はエアコンの風を循環させる役割で首振りで使用しましょう。

 

寝る前のルーティンは

寝る前まで何をすると快眠できるか?寝酒を飲む?それとも運動してからねる方が良い?

ストレッチ

寝る前に何をしたら快眠しやすいか?

❶酒を飲んでから寝る

❷筋トレなどトレーニングをしてから寝る

❸ストレッチやヨガなどの軽めの運動をする

 

正解は ❸ストレッチやヨガなどの軽めの運動をする

ヨガマット 10mm 収納ケース付き トレーニングマット


解 説

お酒を飲むのであれば寝る前の3時間前まで。深酒をしてから寝ることは悪い睡眠になります。筋トレをするのであれば下半身だけは下半身の運動は血流がよくなりぐっすり眠れます。上半身のトレーニングはNG。上半身の運動をすると交感神経優位(昼間の神経状態)になり眠りを妨げます。

全身のストレッチやヨガは全身の血流がよくなるので快適な睡眠を得ることができます。

 

寝る時の服装は

寝る格好

夏場になると薄着で寝る方は多いと思います。薄着のままエアコンをつけて体を冷えすぎるている方もいます。正しい睡眠をとるための寝る時の服装は?寝つきの悪い方、眠りの浅い方は試して下さい。

寝ている服装はどんな格好?

❶Tシャツ + 短パン

❷半袖 + 長ズボン

❸長袖 + 短パン

 

正解は ❷半袖 + 長ズボン


解 説

短パンで寝る人:短パンで寝ると寝ている間に汗を汗を蒸発しにくい環境になります。汗を蒸発させるには長ズボンで寝ることをオススメします。

長袖で寝る人:短パンで寝るのと同様に寝ている間の脇汗が蒸発しにくい環境になります。しかし、ノースリーブはダメです。ノースリーブは短パンと同様でダメです。

一番よい寝る時の服装は半袖+長ズボンです。


さらに快眠できる方法は!

×靴下をはいて寝る人:靴下をはいて寝ると足裏からの放熱することができず深部体温・脳の温度を下げることができません。靴下をはいて寝ると放熱できず不快感をもったままの睡眠になり満足な睡眠がとれません。

抱き枕を使用する:抱き枕をつかうと体が安定します。腕や足が正常な位置で安定するため快眠できます。正常な位置を固定できるので呼吸・循環・体温調整が安定し質の良い睡眠をとることができます。

 

×高い枕:高い枕を使用して寝ると首が急角度に曲がり気道がふさがれ空気の流れが悪くなります。自分にあった高さの枕にしましょう

 いびきも止めてくれる夢の枕はコチラ